読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嬉野流考えた人が徒然ながらにしゃべくるブログ

将棋の嬉野流を開発したおじさんの独り言です

棋力向上のためには何が必要か? その1

うってかわってとんでもない話題にしてみる(苦笑) 私の成長例は非常に特殊なのでまったく当てになりません。なんせ物心ついた頃には道場2〜3段で小学校入学の頃には既に大人とも良い勝負してた、という非常識なものだったので。 ですがそんな私が言える…

新版嬉野流において気をつけたいこと その2

三手目の引き角を保留することで、相手の駒組みへの対応力が大幅に増えました。 何が何でも引き角棒銀からの速攻!と言うわけではないし、当然それも出来ます。 他にも相手の振り飛車に対して、角道を閉ざした相振りも選択肢に入ります。 まさに前に書いた「…

いやー忙しい

現場が修羅場で頭をまとめるヒマなし。 すみませんがもうしばらくはこの調子です。

新版嬉野流において気をつけたいこと その1

まずは自分の駒組みから。 なおこれは速攻をする際のポイントで、相手が速攻を警戒して出来なかった場合はこれらは気にしないで下さい。 1、56歩57銀型を最優先すること 2、王は基本的に69まで 3、48銀の形はなるべく早く解消すること 4、49の金はなるべ…

旧版嬉野流と新版嬉野流について その2

旧版の嬉野流を始めた頃は棒銀でアッサリ突破を狙ってくる相手が多く、繰り出した左銀の斜め引きで受けるのを考えつくのにもかなりの実戦を経ることになりました。 何とか受かる、若しくは持ちこたえられる局面を作り、相手が飛車先交換と棒銀に掛けた手数を…

旧版嬉野流と新版嬉野流について その1

共に初手68銀(二手目42銀)は変わらないのですが、三手目が違います。 旧版:79角(31角) 新版:56歩(54歩) コレは旧版のみに成立する非常に厄介な対応が相手にあり、いろいろと手を試してもなかなか成功しにくかった経験によるものです。 ただ相手に一…

主の将棋スペックについて その4

スペックラストです。 社会人編。 三重時代:配属されて四年ほど。 当時はまだあったアマ連本部の道場を見つけてフラリと顔を出したら、そこそこに通用したようで大会に誘われて出たりするも、仕事が忙しくなって数ヶ月もせずすぐに行かなくなり、完全引退状…

主の将棋スペックについて その3

スペックについてあと2つで終了とします。 言うなれば嬉野年表(苦笑) 幼少時代:両親が共働きしていたので、アマ4段クラスの祖父より手ほどきを受けた(らしい) 幼稚園時代:5歳の時に佐賀県の大会にゲストとして来られていた故花村先生と二枚落ちで対…

主の将棋スペックについて その2

めんどいので箇条書き。 年齢:42歳 職業:東京駅近くの会社で社畜リーマン19年目 住所:神奈川県横浜市 出身:長崎県佐世保市 将棋歴:3歳から、ただし途中に長い休止期間あり 大会実績:ほとんど出ないため、無いに等しい 得意戦法:嬉野流、中飛車、力戦…

主の将棋スペックについて その1

はじめまして。 嬉野流という珍妙で摩訶不思議な戦法を産み出してしまった者です。 人によっては愛好してくださる方もいれば蛇蝎の如く嫌われている方もいるという・・・ その辺は置いときまして、私の将棋の歴史について少し書きたいと思います。